転職について【同じ業界からの転職編】
2019.06.17掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
お役立ち情報







みなさんこんにちは!
前回は未経験の方に向けた転職について
お話をさせていただきました。

今回は現在介護職についている皆さんが
他の施設に転職をする場合について触れていきましょう!


(1)転職したい理由は何?しっかりした理由を認識しよう
 
  転職しようかな…という気持ちになるには
  何かしらの理由があります。

   夜勤が多いから生活が不規則で…
   仕事量が多くて割に合わない…
   施設の運営に不満があって…

  などなど、転職したい皆さんには思い思いの
  たくさんの理由が存在しているはずです。
  男性の方だと、給与が低いと家族を養えないなど
  といった理由もあるかもしれません。
 
  では今の職場や環境への不満等を踏まえて
  次の転職は何を重視したいのかを考えてみましょう。

  人間関係がつらくて辞めたいと考えている場合、
  人によって求める環境は違います。

   ・無関心より指摘しあえる方がいい
   ・細かい指摘はしてほしくない、干渉しない方がいい
   ・社員同士がアットホームで和気あいあいな方がいい

  皆さんだったらいかがでしょうか?
  どういう人間関係がいいと決めるのは自分自身です。
  明確にイメージしないまま転職をすると、
  またミスマッチが起こってしまう可能性があります。

  皆さんにとってまず重視したいポイントを見つけて
  転職への第一歩を踏み出してみましょう。


(2)情報を集めて比較をしよう


  自身の転職理由がなんとなくでもイメージできたら
  求人を集めて情報収集してみましょう!

  施設の規模や従業員の数はどうか?
  仕事内容はどんなものがあるか?
  立地条件や他にグループの施設があるか?

  などなど確認しておきたい点を洗い出しておきましょう。
  
  実際に施設に対して出た疑問は、
  転職サイトの担当者に連絡をしておくと
  事前に施設へ連絡して確認してもらえる場合があります。

  何か質問したいことがある場合直接聞くのは
  ちょっと嫌だな…ということであれば
  担当者を介して連絡を取ってみましょう。

 
(3)施設見学をしてみよう

  
  施設の大半は訪問見学が可能です。
  いきなり面接に進んでしまうよりも、
  実際の現場の雰囲気を知っておいて損はありません。
 
  施設見学の際に皆さんが気になるのは、
  「見学自体が面接の一環なんじゃないの?」
  という点ではないでしょうか?

  施設見学の目的の一つとして、
  求職者に実際の現場を見てもらうことが挙げられます。
  
  施設見学のないままそのまま面接へと進んでしまうと
  採用後にミスマッチが起こりやすくなります。
  なので事前に施設を見学してもらい職場の雰囲気を
  見てもらうことが目的になります。
  
  では、施設見学は実際の採用面接とは
  関係ないのかというとそうではありません。
  見学している間も採用の判断材料として参考にしています。
  
  しかし、施設見学は採用側だけの判断材料ではありません。
  皆さんもまた、転職するにあたって雰囲気や職員など
  環境が整っているかを見ているのです。

  不安に思っていることがあれば、
  入職前に質問して払拭しましょう。


今回は介護経験者の方の転職について
ご紹介させていただきました。